エラ削り美容整形で顔の輪郭がすっきり

顔の大きさや形は、見た目の印象を大きく左右します。エラが張っていると、顔が四角くなり大きく見えてしまいます。このエラさえなければどれだけいいだろうと思う人も少なくはないでしょう。エラがなければ顔の輪郭もすっきりし、見た目の印象もやわらかくなります。輪郭をすっきりさせるために行われる美容整形がエラ削りです。これは文字通り、エラの骨を削ってしまうことです。施術には手術が伴いますが、そのときは口の中から骨を削りますので、顔の外側に傷ができることはなく、口の中の傷もほとんど気になることはありません。施術時間は2時間程度ですが、骨を削るという大がかりな手術になるため、3日程度の入院が必要です。また手術は全身麻酔で行われますが、麻酔が切れた後も痛みが残ったり顔が大きく腫れ上がることもあり、それが退院後まで続くこともあります。

整形でエラ削りをする事

整形でエラ削りをする事によって顔の印象やイメージというのがかなり違ってきます。だからこそ、もしするとなれば、きちんとそのメリットやデメリットなどが必ずありますので、それにについて調べたりしながら、やる事が大切になってきます。より、自分が満足をしながら納得をしていけるようにするには、たくさんの口コミなどから調べて、実際に美容外科などに出向いてカウンセリングをしたりする事が大切です。カウンセリングの際には、きちんとイメージがどのような物なのか、また痛みなどの副作用についてもしっかりと理解出来るまで教えてくれますので、自分が安心をしてお任せが出来るなと判断して出来るように、あらかじめたくさんの情報を知りながら決めていくようにしておく事が出来すごく大事になってくるのではないのかなと、とても強く思っています。

エラ削りの整形手術のメリット

エラが張っていると、顔が大きく見えてしまいます。エラを隠すために、髪をアップにすることができず、毎日下ろしているという人も多いです。髪の毛で隠すことで、エラが見えなくなります。しかし、友人の結婚式や、パーティーなどで、アップスタイルの髪型にしたいです。髪の毛で隠す以外に、頬に少し濃いめのパウダーをつけることで、輪郭がシャープに見えます。それでも隠せない場合は、整形を検討してみるといいです。エラ削りの手術は、全身麻酔で行います。そのため、プチ整形のように気軽にすることはできませんが、終わった後はすっきりとした輪郭を手に入れることができます。一週間程度で腫れは収まり、一ヶ月も経てばほとんど目立たなくなります。傷口も少し残りますが、ファンデーションで綺麗に隠すことができます。髪をアップにしてもエラが張っていないので、顔が小さく見えます。